セクハラやパワハラ


パワハラセクハラやパワハラは社会問題となっています。これらの問題を解決するために弁護士に頼ることができます。実際にさまざまな訴訟が行われてきた歴史があります。本人だけではなくて、会社に対しても訴訟をすることもあります。たとえば上司や人事部に相談したのにセクハラやパワハラが解決されなかったならば、それは会社側にも責任があるからです。

弁護士に相談をして慰謝料を請求したいならば、まずは証拠を集めなければいけません。しかし、素人にとってはどのような証拠が必要となるのか分からないというケースが多いでしょう。そこで弁護士に助言を求めるのです。また、パワハラを行っているような会社は他にも問題を抱えているケースもあります。それらについても訴えられる可能性があるでしょう。たとえば残業代や不当解雇などの問題です。

たとえばパワハラを受けていたならば慰謝料の相場は50万円から100万円程度となっています。ただし、パワハラをされていた方が自殺をして遺族が慰謝料請求をするということもあります。この場合はさらに高額となるでしょう。セクハラについても内容によってはかなり高額となる可能性もあります。

セクハラやパワハラはデリケートな問題であり、職場に味方がいないという状況もあるため、すぐに弁護士に相談をしましょう。